オーダーメイドスーツ イージーオーダースーツ パターンオーダージャケット なら銀座サワモト Contact
GINZA SAWAMOTO 株式会社銀座サワモト Tel:03-3571-9191 Fax:03-3571-9193Mail:order@ginza-sawamoto.co.jp
トップページ
商品紹介
ブランド一覧
輸入生地
国内生地
スタイリッシュオーダー
オーダーメイド
オリジナルブランド
店舗情報
イベント情報
会社案内
ブランド一覧
ウールマーチャントとのジョイントにより、高級服地のセレクトとオリジナリティ溢れる色・柄の提案を毎シーズン行っています (スーツ、ジャケット、スラックス、コート等)

BOWER ROBUCK "England"
英国ハダースフィールドに位置し、1899年に現在の形で設立するまで、450年間織物を生産してきました。
最上級のカシミア、高級紳士服地の織元です。
デザイン及び品質の優美性に対する強力な自信を持って、近年芸術的な生産技術を伴う再設備を含め、投資を完了しました。
この投資により会社が有名になった特殊な品質の開発及び将来の発展に対する確固たる基礎を構築いたしました。
BOWER ROEBUCK社は、純粋のスーパー120s'及び150s'の品質を創出した最初のメーカーであり、世界中にその品質が確認されています。
CAVENDISH "England"
1988年10月設立、高級品産地として世界的に有名なウエストヨークシャーのキースレー市を拠点にしております。
急がず時問をかけ、細心の注意が傾けられた製法により、目の詰まったしなやかな仕立て映えのするスーツ地に仕上がります。
また、シルクやカシミヤ入りの織物も生産しております。コレクションは,アメリカを始め、極東・中東及ぴ欧州など世界中に発表されており、英国の伝統的なデザインとイタリアの現代的な色彩との融合により優れたデザイン性を発 揮しております。
また、伝統だけにこだわらず、カシミヤのスーツ地、グレンチェックやウインドーペン地などバリエーション豊かに展開 されております。
DORMEUIL "England"
1842 年、英国から織物を輸入しフランスで販売する服地商として出発。
フランスのエスプリとエレガンス、英国の伝統と格式が同居する、高級服地ブランドです。
ジュールス・ドーメルと3人の兄弟から始まったの歴史は、6世代に渡って受継がれています。
一族の紋章には「親しみやすい家、最高の家」というモットーが刻まれ、その言葉どおり、高品質を誇る紳士服地の代名詞的存在であり、最上級のサービスを提供しています。
この紋章は無限の豊かさを表し「Evolution・Openness・Initiative(進化、開放性、先駆性)」という創業以来の三大精神を明確に表すものでもあるのです。
ENGLISH SILVERN "England"
銀座サワモトがマーチャントとして手掛けるオリジナル生地。
その多くを歴史ある英国のミルが手掛けており確かな品質を最上級のサービスで提供しています。
また銀座サワモトは日本国内の羅紗屋としての歴史は古く、創業は1892年にまで遡ります。
当時最先端の事業であり流行の最先端商品を取り揃えることが出来る紳士毛織物卸しの納入業者として業界間でも注目を浴びていました。
現在の厳しい紳士服市場にあっても伝統と信用を重んじつつ、銀座にて新しい情報の収集・分析を行い「紳士ファッション」流行の発信地たる地位を確保するため、日々、邁進しています。
FOX Brothers "England"
1772年、Thomas Foxはサージ工場の共同経営者となりました。
Thomasは留学して語学と羊毛貿易について学び、帰国後、最も成功した家族経営の生地メーカーに転じ、その後7世代Fox一族によって運営されております。
2世紀以上、Fox Brothersは英国サマセット州ウェリントンで紡毛・梳毛地を生産してまいりました。
Fox Brothersはフランネルの創始者として公認され、今日では伝統的な製造工程とアートデザインの技術を結び付け、世界に向けて創り出しております。
FINTEX "England"
1881年、ジョージ・ペンドルによって服地専門店としてロンドンで創業されました。
1913年チャールズは織物の耳に社名を織り込むことを考案しました。
1921年ペンドル・アンド・リヴェット社を設立登記し、素晴らしい織物”fine texture"という意味の”FINTEX”を正式名称とし商標登録しました。
まもなくFINTEXは最高級服地の代名詞となりました。
2006年かつてのコレクション”SCOTCH FINTEX”を復活しました。また、今までのFINTEXにないトレンドを取り入れたコレクションもスタート。
素材にもこだわり大人のオシャレを追及しています。
HOLLAND & SHERRY "England"
1836年にて創業され、170年以上の長きに渡り高品質な服地を提供しております。
服地コレクションの最大の特徴はそのコレクション数にあります。
ウール、コットン、シルク、リネンからカシミヤ、ビキューナなどの高級素材までと幅広く、各シーズンで取り揃える年間平均約3,000パターンの服地コレクションは世界一を誇り、ヨーロッパの他のマーチャントと比較しても圧倒的なコレクションの豊富さです。
創業当時より英国外マーケットへの輸出に重きを置いており、基本的にはマーチャントの基幹ビシネスであるバンチ見本を用いたカット・レングス販売が主力となっております。
MARLING & EVANS "England"
MARLING & EVANS社は 1782年、イングランド南西のストラウドで紡糸 ・ 織り ・ 仕上げの機能を持つ 一貫生産体制のメーカーとして設立。
19世紀にはフランネル素材で広く知られるようになり、 1920年代にはロールスロイスが厚手のフランネル素材を車の内装に使用。
1960年代に現在のヨークシャー ハダースフィールドに移転。
フランネル、サキソニー、ラムウール、アンダイドブリティッシュウールなどの英国スタイルの素材を展開しております。
Scabal "England"
1938年オットー・ハーツの手で、ベルギー・ブリュッセルに設立したスキャバル。
マーチャント(商社)と生地のサプライヤーとしてスキャバルの歴史は始まりましたが、現在ではトータル高級ファッションブランドとして、ヨーロッパのみならず世界中の主要都市に展開しています。
自社で織物工場を持たないマーチャントでありながら、イギリスのハダースフィールドにある複数のミルを傘下にもち、膨大なコレクションを展開しています。
中でも、スキャバルSper100'sからSuper200'sまでの独自の高級超細番手ウール、カシミア、シルク、モヘアはスキャバルの特徴とも言えます。
AGAGNONA "Italy"
1953年設立された「AGNONA(アニオナ)」。
歴史は浅いがオートクチュール及び高級プレタポルテの世界で、「服地の女王」と称される程の服地メーカーです。
その理由の一つは原毛への徹底的な拘りです。
カシミアやアルパカ、ビキューナ等の天然繊維素材を自社で生産から管理までを行い、その贅沢な素材の魅力を失うこと無く織物に仕立てるコレクションは、本物を知りつくした究極のエレガンスを提案している。
その最高級の素材はパリの一流ブランドが目をつけ採用されています。
総合ファッションブランドとして確固たる地位を築き上た現在も、素材への拘りは変わることなく最高級の品質を保ち続けています。
E.THOMAS "Italy"
1920年に北イタリアで設立されました。
以来80年以上、同一家族が会社の経営に携わってきました。
SUPER 120'S, 130'S及び150'Sのウール素材でのスーツ、ジャケット、コート等の柄物、無地物の素材を生産し、それらの柄物にシルク、カシミヤ、モヘアー等の最高級素材をプレンドした商品構成でのコレクション作りをしています。
最高級素材生産の為、最新の近代的な機械設備と卓越した技術力でもって原毛の繊細さを生かしております。
コレクションの創作性は、重要なポイントで世界のマーケットに販売され、高級プレタポルテ、一流のマーチャントヘの販売もしております。
Ferla "Italy"
イタリアの織物産業の中心、ビエラにて1927年創立しました。
主に特別な糸や、高貴な繊維を熟練した方法で生産することで評判の高く、常にファッションの先を行く生地のデザインで知られており、ラグジュアリーブランドのコレクションに欠かすことのできない、最高級で表情が豊かな生地を長年つくり続けています。
フェルラ社の伝統とデザインは代々受け継がれ、今まで彼らが生産した生地の中でのアイコンは、時代を超越したシャネル・ジャケットが挙げられます。
TALLIA DE DELFINO "Italy"
1903年創業の高級服地メーカーで、「タリア・ディ・デルフィノ」の名で愛されています。
ビエラ地方は豊富できれいな水資源に恵まれた場所です、そのため古くから繊維・織物産業が集積し、最高級生地を産出する地域としても良く知られ、イタリアファッションを支える役割を果たしています。
そのような中でタリア・ディ・デルフィノは、高級生地しか生産しないことでも有名です。
1980~1990年代には世界30カ国以上に販売網を拡大し、常に最高級の原料を使用しフラッテリ・タリア・ディ・デルフィノブランドを不動のものとしています。
CERRUTI "Italy"
イタリア、ビエラにて1881年に綿工場として創業。
ビエラにおいても古い方です。
その歴史を誇りにしており、ブランド名にも1881が含まれています。
また、1957年にプレタポルテを開始し、当時のブランド名は「ヒットマン」でした。
有名なエピソードとしては下積み中だったジョルジオ・アルマーニが1965年から5年間デザイナーを担当していました。
1967年にはブランド名を「チェルッティ」に改めています。
一つのブランド内で製造から完成品までを一貫して行う事は、とても革命的なことでした。
Loro Piana "Italy"
1936年にイタリアで創業された最高級カシミアと最高級ウールを取り扱う服地メーカー兼プレタブランドです。
ミルという枠を超えて、糸の原料となる繊維の生産から紡績、織り上がった布地を製品化するところまで自社で行っており、テキスタイルメーカーとして、特権的な地位を確立しています。
世界でも人気の高い高級ブランドにその服地を供給し続けており。
また、カシミヤやビキューナといった高級素材でもトップシェアを誇っています。
長年の伝統により培われた物づくりへのこだわりと感性は受け継がれ、さらなる発展と品質向上を目指して今なお進化し続けています。
PIACENZA "Italy"
世界最古といわれるピアチェンツァ家の足跡は1600年代まで遡り、最高級テキスタイルのリーディングカンパニーであり続けているという歴史そのものが「ハイグレードの基準」を作り続けている証であるとも言えるのです。
ピアチェンツアのものづくりに対する情熱は企業DNAとも言えます。
素材の選別から研究、そして製品検査に至るまで、製品開発の為の新技術追及には創業時と変わらず励んでいます。
古くから続くその先進性は、1819年に水力発電を導入した最初の工場を作り、また20世紀初頭には「ウールワーキングスクール」を設立し、社会や業界の発展にも尽くしています。
TRABALDO TOGNA "Italy"
1840年に創立。
160年と言う無い歴史と卓越した専門技術を持ち、伝統に培われた熟練職人の技と感性を生産工程の要所に生かし、厳選された原毛によって生み出される最高級の品質は他の追随を許しません。
最高のウールと秀でた天然素材こそが’Estrato’には相応く、TRABALDO TOGNA社の歴史と伝統により、ウールと天然素材の持つ魅力・品位、最新の技術、最高のサービス、すべての融合を実現しました。
Bio-Elastic(バイオ・エラスティック)とは、Lycra等の人工繊維を使わず、ウール本来の特性である伸縮性を最大限に生かしたNatural-Stretch製品です。
繊細な原毛と伸縮性に優れた原毛をブレンドする事により、バイオ・エラスティックシステム向けの原毛が開発されました。
このタテ/ヨコの伸縮性に特徴をもたらす特別な加工方法により、素材本来の着心地の良さとウール特有の快適さが強調されています。
Dominique France "France"
パリのネクタイメーカー『ドミニック ・ フランス』は1939年に創立されました。
創業者のルネ ・ ブランドーはまさにネクタイー筋に生きた人でした。
元来、聖人の名であるドミニックはポピュラーな名前である事からこのネーミングが選ばれました。
それに、フランス製品であることを端的に示す『フランス』を合わせて『ドミニック・フランス』が誕生します。
1984年 紳士服地を手掛けるようになり、イギリス、イタリー等の老舗のメーカーで織られております。
ルネ・プランドーが故人となってからも、後継者達によって『ドミニック・フランス』のプランドは守り続けられています。
▲トップへ
輸入生地お問い合わせ先・・・(株)銀座サワモト営業部 03-3571-9191



(C)Copyright 1999-2007, GINZA SAWAMOTO Corporation. All rights reserved.